集中力を維持することが大切

医療ミスを極力出さないようにすることが、医療従事者には何よりも大切です。常に集中力を持って仕事をして、簡単な仕事であっても確認を絶やさないことが重要です。
一人でできない仕事はチームを組んですることになるため、チームメイトとの連携にも力を入れなければなりません。たとえ仲が悪い人と一緒に働くことになっても、それを仕事にまで影響させてはいけません。仲が悪い人とも綿密にコミュニケーションを取り、相互に連絡を取りながら情報のやりとりをするべきです。連絡を怠れば、必要な作業に漏れが生じることに繋がります。
仕事場には私情を持ち込まず、患者さんのために動くことが大切です。医療ミスは、集中力不足で起こることがほとんどだと聞きます。常に緊張感を持って仕事をすると、ミスは減らしていけることでしょう。
仕事に慣れたあたりが一番ミスを犯しやすいタイミングだと言われています。仕事がつまらなく感じてきたなら、初心を思い出してみるといいでしょう。仕事に情熱が持てなくなったときには、スキルアップやキャリアアップを考えてみることも大事です。幸い、医療業界はは休職や復職が比較的容易です。疲れたなら少し休み、リフレッシュしてからまた仕事を始めるのもいいでしょう。
惰性で仕事を続けていると、深刻なミスを犯してしまうかもしれません。医療ミスは、患者さんの命に関わります。細心の注意を払って、業務に専念していくことがなによりも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です