どちらも不安を抱えている

医療現場では医師や看護師だけでなく、様々な専門職の人が働いており、多くの患者さんと接しています。医療従事者を目指している人の中には、「多くの患者さんと接することが不安」という方も多いでしょう。
看護師が医療現場で仕事をする際にはどういった心構えが必要なのでしょうか。
まず、医療現場では様々な疾患の患者さん、様々な年齢層の患者さんと接することになります。患者さんによっては、対応も様々ですから、臨機応変に対応していくことが必要です。
患者さんは、病気を患っていることから不安を抱えているため、適切な処置はもちろんですが、不安を取り除き、安心して治療に専念できるように配慮することも大事な仕事です。不安なまま治療を進めるよりも、不安を取り除き安心した状態で治療に進めた方が、患者さんの精神的な負担も少なくなります。
そのためには、患者さんに対し、親身になって接することが大切です。患者さんからしてみると看護師の対応一つでも不安が和らぐため、対応には十分注意してほしいです。患者さんの立場に立って、話をしていくことで患者さんの不安に気づくことも出来ますし、トラブルなども防ぐことが出来るでしょう。患者さんと看護師の関係も、信頼関係があればこそスムーズな対応が出来るというものです。
看護師として、医療の仕事に携わろうと考えている人は知識や技術を磨くことももちろんですが、患者さんとの接し方についてもよく学び、経験を積んで欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です