看護師の心得

医療従事者に大切な心構えはいくつかあります。医療技術の進歩に合わせて自分も成長できるよう、毎日勉強を怠らないこともその中の一つです。
患者さんを相手にする仕事なので、コミュニケーション能力を磨く努力も必要です。常に感謝の気持ちを持って仕事をするのも大事なことでしょう。感謝の気持ちがあれば、仕事が忙しいときにもイライラしなくて済みます。自分のために仕事をするというよりは、他人のために仕事をするという意識を持つことが大切です。
長く仕事を続けていくための大事な心構えとしては、無理をしないことです。夜勤や残業をたくさんすると、収入はアップします。しかし、それはとてもキツイ働き方であるためその内看護師ということに疲れてしまいます。自分のペースを崩さず、無理をしない範囲で頑張るのが長く仕事を続けていくためには最も重要なことです。体力的に疲れてしまうと、それに引きずられて精神も病んでしまいます。医療従事者はただでさえ人の不幸に直面する仕事なので、精神的な健康を維持する努力も欠かせません。看護師を目指す人は医療従事者としての心構えをしっかりと心得ておいてほしいです。
もし自分が患者として病院のお世話になることになっても、安心して入院生活を送れると思います。ほとんどの看護師が、自分のことを思って看護をしてくれると分かっているからです。
逆に患者の側も看護師に感謝をすることが大切です。お互いに感謝の気持ちを忘れずに入れば良好な関係が築けるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です